2007年06月30日

6/29の戦績

ヘラクレス 2-0 卓将

本日の対局で、最近のヘラクレスさんは卓将に6連勝となりました。
ついこの前までほぼ五分五分の勝負をしていたのに、離されてしまいました。
特に卓将が悪手を打ってしまった自覚はないのに、
終盤に逆転されてしまう展開が多々あります。
ヘラクレスさんが棋力をつけてきた結果だと思います。
卓将も、これ以上離されないよう、頑張ってついていきたいと思います。

第一局目は、双方とも矢倉囲いを組んで、ヘラクレスさんは中飛車、卓将は居飛車で臨みました。
序盤から角換わり戦となり、卓将が勝算ありと読んで、
飛車を切って(飛車金交換)、角を切って(角銀交換)、
ヘラクレスさんの王を隅まで追い詰めましたがそこまでで、
逆に、竜、飛、金、桂で詰まされてしまいました。

大駒を切るのは、よほど詰め将棋が見えたときか、
駒損しない(飛車を捨てて、金銀が手に入り、『と金』が残るとか)
でないと、してはいけないと反省しました。


第二局目は、双方とも中飛車で始まりました。ヘラクレスさんの王が
右へ逃げたので、卓将は9筋に

 歩
 香
 飛

に角と桂馬を使った『雀刺し』戦法に切り替えました。
この戦法自体は成功して圧倒的優位に立ち「詰めろ」をかけたのですが、
ヘラクレスさんの竜に横から攻められて、一手差で負けてしまいました。

卓将の負けパターンは

上下逆
 ↓    歩歩歩歩
 竜  △◎金王
      金銀桂香

◎に成金、同金、△に金打、同金、同竜というように、
横から一枚一枚ずつ守りの駒を剥がされていくのが多いです。
「攻め」と「守り」のバランスがとれていないためだと思います。

ヘラクレスさんに一勝できるよう、研究してきます。

明日、明後日は、卓将は道場を休みます。
そのかわり、『夢の対戦』を結果報告できると思います。
楽しみにお待ちください。

厳島さん、コメントありがとうございます。
ご都合のよろしいとき、道場に顔を出して下さい。


katou.gif

加藤 一二三 九段
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E4%B8%80%E4%BA%8C%E4%B8%89
posted by 卓将 at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

6/28の戦績

トレーラーボーイ 0-1 卓将

中飛車で向い飛車の対決になりました。
違いは、トレーラーボーイさんが王を囲わず、
卓将が矢倉囲いをした点でした。

中盤で、飛車角交換となり、卓将は竜を作りました。
トレーラーボーイさんは攻めに夢中になり、自分の王の前の金を
ただで取れるチャンスを見のがしたため、
卓将の勝ちとなりました。


アクゾー先生(二枚落ち) 2-0 卓将

第一局目は、「銀多伝」戦法を用いて、中飛車で卓将が攻めましたが、
歩を突き捨てて「と金」を作りましたが、
時すでに遅く、アクゾー先生に攻め込まれて、卓将が敗れました。

第二局目は、「と金」作りを早くしたのですが、飛車角の出番がなく、
逆に飛車角をアクゾー先生に詰められて取られて、
あっさり卓将が負けました。

アクゾー先生から「3勝目」をもらうのは、まだ難しいようです。


ヘラクレス 1-0 卓将

ヘラクレスさんは居飛車、卓将は向飛車+高美濃囲いで臨みました。
ヘラクレスさんの飛車先の攻撃を防ぎきることができずに、
卓将が負けをきしました。


ヘラクレス 1-0 将棋仙人(平手)

ヘラクレスさんは居飛車、将棋仙人さんは中飛車で始まった対局。
ヘラクレスさんが馬を有効に使って、あっというまに将棋仙人に
勝ちました。

ヘラクレスさんは、昨日から
アクゾー先生(二枚落ち)に逆転勝利、卓将に4連勝中、
将棋仙人にも初対戦初勝利をあげて、連勝中です!!

卓将も、負けないよう後をついて行きますので、よろしくお願いします。

moriuti.gif
森内 俊之 八段
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E5%86%85%E4%BF%8A%E4%B9%8B
posted by 卓将 at 17:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/27の戦績

更新が遅れて、すみません。
6/27の戦績は

アクゾー先生(2枚落ち) 1−0 卓将

卓将は、アクゾー先生流「四間飛車+美濃囲い」で挑みましたが、
攻守が膠着状態になったところでこらえきれずに、
飛車金交換(駒損)で突破口を開こうと考えました。

その結果、飛車を手に入れたアクゾー先生に、手もなくひねられてしまいました。
アクゾー先生曰く「上手(うわて)相手に簡単に大駒を切るやつがあるか!
二枚落ちの優位がなくなってしまう!」
と怒られてしまいました...」
「もっと王様の前の歩も突き捨てて、と金を作れ!」
ということでした。
反省して、また2枚落ち戦でいい勝負をしたいと思います。


アクゾー先生(2枚落ち) 0-1 ヘラクレス

ヘラクレスさんは、中飛車→三間飛車と移動させて、攻めの態勢を作りました。
アクゾー先生は、いつも通り全面的に歩を進めて、王金銀桂で後ろを固めながら
進む戦法で、ヘラクレスさんを8八王まで追い詰めました。
しかし最後に詰めきれずに、逆にヘラクレスさんの反撃勝ちとなりました。
 
二枚落ち戦では、王も攻めと守りのために前線に使うため、逆襲されると
受けきれないようです。


ヘラクレス 2−0 卓将

第一局目は、ヘラクレスさんが矢倉囲い、卓将が四間飛車+美濃囲いの対決
となりました。
途中、飛車角交換して、卓将は二枚角で2二王を攻めたのですが、
それよりも早く、ヘラクレスさんの二枚飛車で美濃囲いを横から破られて
ヘラクレスさんが勝ちました。

第二局目は、序盤から角換わり戦の珍しいパターンで始まりました。
そして卓将が「王手角取り」

     角  
     ○
 
  銀金王金銀

  ○に飛車打ち

をかけて、絶対優位にたったのですが、その代償として竜と「と金」をつくられて、
卓将がまさかの負けをきしました。

第二局目は、とても悔しかったです。
ヘラクレスさん、失言のほどご容赦ください。


今日の模範試合は、アクゾー先生 対 ニンテンドーDS AI将棋 最強設定でした。

最近のこの対決の対戦成績は、先手番のほうが勝率がいい傾向にあります。
やはりアクゾー先生の言う通り、「『51:49』で先手番有利」の法則が
当てはまるようです。

今日の対局は、ニンテンドーDSの先手番で始まりました。

ニンテンドーDSの左穴熊 対 アクゾー先生の四間飛車+美濃囲いの対決です。

アクゾー先生の穴熊攻略法「穴熊完成前に速攻でつぶす」ができずに
持久戦となりました。

終始、アクゾー先生が攻めの主導権を取っていたのですが、
ニンテンドーDSの一手で攻守が逆転して、アクゾー先生が敗れてしまいました。

こういう逆転の展開もあると、たいへん勉強になった一番でした。

今日もたくさんの対局を相手していただき、ありがとうございました。
posted by 卓将 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

6/26の戦績

ヘラクレス 1-0 卓将

卓将は、アクゾー先生流「四間飛車+高美濃囲い」の戦法、
ヘラクレスさんは、「中飛車(王囲まず)」の対決となりました。

しっかりと下図のように王を囲った卓将は、

    歩歩歩
    桂銀
 飛  金王
   金  香

安心して戦っていたのですが、
ヘラクレスさんの急戦に角を詰まされてしまい、
逆に卓将は裸の王様をあと一歩詰め切れず逆転負けをしました。

相手の攻めてくるスピードにあわせて、守りを固めていかなかったのが
敗因だと思います。


ペリカン 1-1 ヘラクレス(6/25の分)


ヘラクレスさんのゲームボーイアドバンス用ソフト「森田将棋」を
お借りして強さをみせてもらったところ

卓将 1-0 森田将棋(中級思考)
卓将 0-2 森田将棋(上級思考)
でした。

上級思考では、矢倉囲い、美濃囲いを試してみて、悪い手ではなかったのですが
あと少しのところで詰みきれずに逆転負けしました。

さらに上級の「研究思考」というモードがあるので、充分楽しめると思います。
ヘラクレスさんの対戦結果も、今度教えて下さい。

森田将棋あどばんす森田将棋あどばんす
販売元 : Amazon.co.jp ゲーム
価格 :
[タイトル] 森田将棋あどばんす
[ブランド] ハドソン
[発売日] 2001-07-12
[プラットホーム] GAMEBOY ADVANCE

■商品紹介■
..
>>Seesaa ショッピングで買う


murayama.gif
故 村山 聖 九段
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E5%B1%B1%E8%81%96
posted by 卓将 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

6/25の戦績

トレーラーボーイ 0-1 卓将

今日の卓将は、できるだけアクゾー先生の「四間飛車+美濃囲い」を
マネしてみました。

     歩
  歩歩歩
 飛金 銀王
  金 桂香


銀を角先に走らせるのですが、先に銀が進むと歩の餌食になるので、
相手に先に歩を突かせるのを待たないといけません。

しっかり囲った結果、1時間以上の長い将棋になりましたが、
王手をかけられることなく、完勝しました。



アクゾー先生曰く「3手先(こう打てばこうする)より、5手先を読め!」
そういう考え方ができるよう、普段から意識します。


ヘラクレスさんの家での将棋練習は、
みんなのソフトシリーズ みんなの将棋みんなのソフトシリーズ みんなの将棋
販売元 : Amazon.co.jp ゲーム
価格 :
[タイトル] みんなのソフトシリーズ みんなの将棋
[ブランド] サクセス
[発売日] 2004-09-24
[プラットホーム] GAMEBOY ADVANCE

>>Seesaa ショッピングで買う

なのですが、最強設定の1級に勝ってしまったそうです。
ゲーム機の思考パターンも、毎回同じで慣れてしまったそうなので、
新しい練習用ソフトを探してきました。
森田将棋あどばんす森田将棋あどばんす
販売元 : Amazon.co.jp ゲーム
価格 :
[タイトル] 森田将棋あどばんす
[ブランド] ハドソン
[発売日] 2001-07-12
[プラットホーム] GAMEBOY ADVANCE

■商品紹介■
..
>>Seesaa ショッピングで買う

ニンテンドーDS以前の、ゲームボーイアドバンスでは、
これが最強の将棋だそうです。

卓将が試させてもらったところ、上級思考で接戦の末、卓将が負けました。
ただし、コンピューターの考慮時間が長いのが難点です。
中級設定で一手に平均20秒、上級設定だと一手30秒くらい待たされます。
それを除けば、「詰め将棋」や「次の一手」も充実していて、
いい練習になると思います。

ヘラクレスさん、お互いに切磋琢磨してどんどん強くなりましょうね!
posted by 卓将 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

6/24の戦績

アクゾー先生(2枚落ち) 1-0 卓将

昨日、アクゾー先生から一勝をあげた卓将。
今日もその再現を目指したのですが、致命的なミスをおかしました。

守りの形が、

  歩歩歩
  銀王香
 金 桂

とするべきところを、間違って

  歩歩歩
 金 王
  銀桂香

と金銀の上下を逆にしたまま、気づかないで進めてしまいました。

結果、角をただで取られ、角で飛車金両取りをかけられて、
もろくも崩されて負けました。

アクゾー先生に「しっかり王を囲ってから攻めてきて、
歩をさばいて(捨てて)『と金』をつくれるようになったら、
二枚落ち卒業だ。」と言われました。

早くその日が来るように、がんばります。


今日の模範試合は、アクゾー先生 対 ニンテンドーDS AI将棋最強設定でした。

アクゾー先生 1-1 ニンテンドーDS AI将棋最強設定(自称4段以上)

第一局は、
アクゾー先生の四間飛車+美濃囲い 対 DS 左穴熊(振り飛車には左)
の構図になりました。

中盤に入った時点で、DSには持ち駒 歩1あり、穴熊は堅く、
アクゾー先生は「45:55で不利」と言っていました。

アクゾー先生の美濃囲いも堅いように見えたのですが、
       ↓
     歩 歩
    金桂歩
     銀王
    金  香

結局、DSの穴熊の金を一枚剥がしたのみで、
86手でニンテンドーDSの勝ちとなりました。
相手が穴熊だとわかったら、囲いを完成させる前に、角道に銀を走らせて
つぶす方法がいいそうです。


第二局目も、
アクゾー先生の四間飛車+美濃囲い 対 DS 左穴熊
でリベンジをかけました。

126手でニンテンドーDSの投了

6/24.JPG

棋譜は、下をクリックしてご覧ください。



satou_s.gif

佐藤 康光 九段


アクゾー先生対ニンテンドーDS第二局の棋譜を読む
posted by 卓将 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

6/23の戦績

今日は、青山将棋倶楽部はじまって以来、初めて4人もメンバーが揃って、
半日将棋づくしの一日でした。


ヘラクレス 0-1 卓将

ヘラクレスさんのメリケン向飛車を卓将がしっかり防いで、
卓将が終始、有利に進めました。
しかし、終盤、詰めに手こずりました。
観戦していた厳島さん曰く
「飛車や角、飛び道具で王手をかけるときは、できるだけ遠くから打つ」
ほうがいいそうです。
「終盤は、詰められると読み切ったら、王手王手の連続で攻める」
手数がかかりましたが、卓将側は王手をかけられることなく、卓将の完勝でした。

将棋は、ミス手を3回したら、負けるそうです。
1回2回のミスなら、まだ挽回がきくそうです。
卓将は、終盤に入って2回悪手をしましたが、なんとか勝つことができました。


アクゾー先生(香車落ち) 1-0 厳島

香落ち戦では、香がない飛車側の隅へ入り込まれるのは、仕方ないのでしょうか?
アクゾー先生は、飛車側に入り込まれましたが、6四角打ちに対して
2二角打ち、厳島さんが角成りなら、アクゾー先生も馬を作れるという
交換で一気に有利になりました。

その後、老練な手立てで厳島さんの角を詰めて、守りは下図のように



   歩 歩
 歩歩 歩
 金 銀王
  金 桂香

美濃囲いの鉄壁で守っていました。

で、中盤で

   角←上下逆
  ○
   金
 銀 金

○に桂打ちの、金銀両取りをかけて、厳島さんの守りを崩していきました。


アクゾー先生(2枚落ち) 1-0 ヘラクレス

アクゾー先生は2枚落ちですが、下図のように桂馬を中央に集める手

 上下逆
 ↓↓↓
 桂↓桂
  歩
 歩歩歩
 金
  王金

でヘラクレスさんの守りを崩していきました。
やはり居玉はいけない、ということです。


アクゾー先生の桂馬は、よく跳ねるのです。
アクゾー先生の桂馬がハイセイコー(古いけど)なら
卓将の桂馬は、跳ねないハルウララでしょうか....


アクゾー先生(平手)   1-0 将棋仙人

スポーツジムの外、将棋仙人の仙人庵にお邪魔して、アクゾー先生が
将棋仙人と初対決しました。

両者とも早指しで、序盤が長く両者とも玉をがっちり囲いました。
歩交換せずに下図のように向き合いました。

 歩
歩 歩歩歩歩歩歩歩
 歩
歩 歩歩歩歩歩歩歩
 飛

ここからアクゾー先生が飛車先を突いていき、守りは

 歩歩歩歩
 金桂銀
  金玉
    香

と高美濃囲いでがっちり守って、ノー王手で完勝しました。


アクゾー先生(平手)   0-1 ニンテンドーDS AI将棋最強設定

アクゾー先生は、久しぶりにニンテンドーDSに敗戦しました。

ニンテンドーDSの守りは

歩歩歩
 王銀 金
香桂 金

と堅く、序盤から中盤に入った時点で、アクゾー先生が48:52で不利だ、
と言いました。
その通り、DS優勢のまま、アクゾー先生は詰まれてしまいました。


アクゾー先生(2枚落ち) 1-1 卓将

第一戦は、卓将が銀多伝戦法で向かったところ、しっかりと防がれて負けました。
アクゾー先生から「2枚落ちの方からは先に攻められない。
だから後手側もしっかり王を囲ってから攻めてこい。
あと、角道をあけた歩を、銀で守るんだ」と
アドバイスを頂きました。

第二戦はそのアドバイス通りに、

  歩歩歩
金 銀王
 金 桂香

の美濃囲いを組みました。

そしてうまく竜を作ることができて、詰めに手数はかかりましたが、
ノー王手で完勝することができました。
アクゾー先生(2枚落ち)では、1月に一勝して以来の快挙(?)です。
アクゾー先生も、今日の守りと攻めはよかったと誉めて頂きました。
3勝目が早くあげられるよう、今日の対局を忘れずに精進します。


卓将は、昨日はたくさん対局して集中力がもたなくて、最後は尻すぼみの
「竜頭蛇尾」となりましたが、
今日は最後まで「竜頭馬尾(?)」のできだったと思います。

今日は丸々半日、長い時間、将棋にお付き合いくださって
ありがとうございました。
posted by 卓将 at 22:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

「囲碁・将棋を義務教育に!」

ヘラクレスさんから、興味深い新聞記事を教えてもらいました。

5/28日の日経新聞5面 インタビュー領空侵犯
日本総合研究所調査部部長 湯本 健治氏の
「囲碁・将棋を義務教育に」という記事です。

内容を要約すると、

少年犯罪などの社会問題は、親の躾や家庭教育に原因があるととらわれがちだが、子供たち自身が深くもの事を考える力が失われているのが大きな理由である。

問題解決の一つのアイデアとして、囲碁・将棋の活用が強調されてきている。

第一に、論理的な思考、戦略的な思考を養うことができる。

第二に、辛抱強い精神力と、集中力を養うのに適している。

第三に、新しいものを生み出す独創性を育てるのに役立つ。

現実的には、指導者の確保など教師の力だけでは難しいので、プロの力や地域の愛好家の協力を得る必要がある。

結論「将棋・囲碁をやる子供の多くは、考え方もしっかりしている」

という内容でした。


多少とっぴにも聞こえますが、今の子供達はプレイステーションやニンテンドーDSなどのテレビゲームや、インターネットに恵まれていて、古典的とも言える囲碁・将棋に馴染む機会が少ないと思います。

卓将は、小学生のときに父親から駒の動かし方を教えてもらい、負けたら悔しくて泣きながら将棋を覚えたものでした。(福井駅さんもまったく同じだそうです)
もちろんテレビゲームやインターネット上でも将棋はできるし、卓将はそれを活用しているので全面的に否定はしませんが、残虐なゲームや単なる時間潰しだけのゲームよりは、将棋・囲碁の方がずっと有意義だと思います。

いきなり義務教育化は無理でも、昼休みに将棋をする時間を作る、教師がルールを教えるので興味のある生徒は集まるなど、少しずつ広まっていければいいと思います。

卓将は、まだ子供はいませんが、産まれたら絶対将棋を早くから教えようと思います。
posted by 卓将 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/22の戦績

ペリカン 2-0 卓将

第一局目は、中飛車で向い飛車になって、途中まで互角の展開でしたが
押し切られて卓将が負けました。

第二局目は、序盤に

  桂←上下逆

 銀 角

の角銀取りをかけられて、一気に不利になりました。
そのあと、竜で王手角取りをかけられて、ボロボロになってしまいました。

  桂←上下逆

 金 金

の両取りで少しは反撃したのですが、一手差で負けました。

ペリカンさんと、2ヶ月ぶりくらいに相手をしてもらいました。
忙しくてテレビゲームの将棋もしていなかったそうですが、
全然衰えていなくて、まだまだかないませんでした。


ヘラクレス 2-1 卓将 (持将棋で引き分け1)

第一局目は、アクゾー先生観戦の元、緊張して対局しました。
卓将が序盤に角成りを作って、ヘラクレスさんがその対処に苦労して、
卓将が有利に進めた結果、勝ったのですが、
アクゾー先生曰く「馬に成られたって、恐れる必要なし。角筋に歩を打って
(卓将の)飛車先を塞げばよかった。」
感想戦をしてみたら、その通りでした。
まだまだ卓将もヘラクレスさんも、目先の事にとらわれ過ぎているようです。

第二局目は、卓将が中盤の早くに角取りをかけたところ、アクゾー先生が
ヘラクレスさんに「大駒取りがかかっても慌てるな!
落ち着いて『と金』と竜を作ったら、全然不利ではない。
むしろ有利だ。」とあとで助言をしてくださいました。
卓将が有利かと思っていたら、ヘラクレスさんの矢倉囲いを崩しきれなくて、
逆に卓将の穴熊囲いを破られて負けました。

アクゾー先生はここで帰られたのですが、さすが有段者の考え方は違うと、
改めて感心させられました。
卓将も、目先にとらわれない、こういう思考ができるようになりたいです。


第三局目は、厳島さんが観戦に来られました。
卓将から「角換わり戦」をしかけたのですが、途中でポカをしました。
てっきり飛車飛車交換しかないと思っていたら、
飛車金交換で得をする場面があったのです。
飛車道しか見えてなかったのです...

中盤は、卓将が角を捨ててヘラクレスさんの矢倉囲いを破ったのですが、
詰め切れずに、両者入玉で引き分けとしました。

厳島さんがあとから、どうしてここに歩をつかなかったの?とか、
私もヘラクレスさんも気づかない、一瞬損に見える手が実は有利になった手が
あったのです。

やはり厳島さんから見ても、卓将とヘラクレスさんはまだまだ
お釈迦様の掌の上の孫悟空のようです。

でもこういう有段者の方の意見をきけるというのは、
とてもありがたいことだと思います。
卓将とヘラクレスさんが対局しただけでは、全然気づかなかった手を
たくさん教えてもらえました。
精進しますので、これからもよろしくお願いします。


厳島さんが帰られたあと、第四局目も角換わり戦で臨みました。
早い段階で、卓将が王手角取りをかけられて、いいところなく押されました。
持ち駒が全くない状態で、相駒もできなくて大変でした。
反撃をしてだいぶ追い詰めたのですが、結局卓将が負けました。
アクゾー先生から「出来損ないの穴熊なんて、なんの役にも立たない」
とお叱りの言葉を頂きました。


言い訳になりますが、最後の方は集中力がなくなってきていたように思います。
思考の持久力をつけるのも、大事なことだと思いました。


明日、6/23土曜日は午前中から、アクゾー先生、ヘラクレスさん、卓将が
揃う予定です。
明日もよろしくお願いいたします。

tanigawa_s.gif

谷川 浩司九段
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B0%B7%E5%B7%9D%E6%B5%A9%E5%8F%B8
posted by 卓将 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

6/21の戦績

トレーラーボーイ 0-1 卓将

連敗から久々にトレーラーボーイさんに勝ちました。
トレーラーボーイさんの「メリケン向い飛車」亜流を
うまく防ぐことができました。


ヘラクレス 1-1 卓将

第一局目は、がっぷり四つに組んだ持久戦となりました。
粘りましたが、途中で金を損したのが敗因だと思います。

第二局目は、時間がなくてお互いに早指しで対局しました。
卓将のメリケン向い飛車がうまく決まって、速攻で勝ちました。


厳島 1-0 卓将

さすがに厳島さんにはメリケン向い飛車は通用しませんでした。
長い長い詰め将棋ならぬ「詰まされ将棋」で、完敗でした。
それでも「前よりよくなった」と誉められました。
これからも精進して、いつか厳島さんから一勝をあげたいと思います。
よろしくお願いいたします。


ペリカンさんにも、道場(スポーツジム)でお会いしたのですが、
今日は時間がないということでした。
また今度、お相手よろしくお願いします。


habu.gif

羽生 善冶 五冠王
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%BD%E7%94%9F%E5%96%84%E6%B2%BB
posted by 卓将 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

6/20の戦績

本日は、アクゾー先生に相手をしてもらいました。
そのあと厳島さんが来られて、アクゾー先生対厳島さんの
当将棋将棋倶楽部の名人戦を観戦させてもらいました。

アクゾー先生(2枚落ち) 1-0 卓将

銀多伝で向かったのですが、玉を動かす前に速攻をかけられて、
居玉のまま守る形になって、飛車、角も取られて負けました。

ひどかったのが、下図のような局面になって

   銀歩銀
   歩 ◎歩歩歩

↑ 角金玉金 桂香
↑――――――――
上下逆

◎の位置に桂馬打で即詰みされてしまうところでした。
半年前の卓将なら、気づかずに負けていました。
あわてて防ぎましたが、ここまで居玉で金も動いていない時点で
よくないですよね。


アクゾー先生(香落ち) 2-0 厳島

第一局目は、厳島さんが居玉のまま、攻められて負けてしまいました。

第二局目は、お互いに(美濃とか矢倉とか)しっかり囲った訳では
ないのですが、がっちり四つに組んだいい戦いでした。
攻めたのはほとんどアクゾー先生で、持ち駒が少ないにも関わらず、
うまく詰めました。
アクゾー先生お得意の、角の斜め先を銀が走る、棒銀の角版とでもいう戦法が
ここでも遺憾なく発揮されました。


本日の模範試合は、ニンテンドーDS AI将棋最強設定 対 アクゾー先生です。

アクゾー先生 1-0 ニンテンドーDS AI将棋最強設定

投了図 115手▲5一桂成り まで

6/20.JPG

ニンテンドーDSは、一6歩突きに対して歩を突き返さず、穴熊か高美濃囲い
かと思ったのですが、結局、穴熊を組む前にアクゾー先生が速攻をかけ、
天守閣銀の成りそこないのような形で受けました。

卓将は、指す手を悩んだとしてもほとんど2択なのですが、
アクゾー先生は、ずっと先の構想まで練って、どっちを先に使うか
10択くらい迷って指しているように見えます。

棋譜を見る
posted by 卓将 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

6/19の戦績

ながらくお休みしていました。

主催者(?)の卓将が闘病生活で1か月以上お休みしていました。
しかも将棋の駒をロッカーから借りっぱなしで休んでいたため、
ヘラクレスさんと厳島さんにはご迷惑をおかけしました。

久しぶりでヘラクレスさんと対局いたしました。


ヘラクレス 1-0 卓将 ほか1引き分け(時間切れ)


病み上がりとは言い訳になりませんが(ヘラクレスさんも1か月以上将棋断ち)
第一戦はこてんぱんにやられました。
久しぶりのメリケン向飛車同士で、自分の手を優先させた結果、
無様に攻め込まれました。

やはり先手後手は51:49で先手有利。それをおろそかにしたらいけないですね。

第二戦は、早々と角々交換となり、好勝負になりましたが惜しくも
時間がなくて引き分けとなりました。

たったひとつの香車が、相手の手に渡るたびに串刺しに使われて。
こんな香車の使い方、使われ方は初めてでした。

アクゾー先生曰く、香車は手に持っていてこそ威力を発揮する駒や。
抑止力、核兵器のように脅しで持っていることが存在価値なのですね。

療養中は集中力がなく、ゲームの将棋も負けていらいらして、
できなかったのですが、人と人の将棋は面白いですね。

ヘラクレスさんはゲームで毎日鍛えていただけあって、衰えを感じません。
また対戦成績、追いつきますから待っててくださいね!

明日は、アクゾー先生に対局して頂く予定です。
よろしくお願い致します。
posted by 卓将 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。