2008年06月17日

6/17の戦績

「飛車角」 2-0 卓将

「飛車角」 0-1 厳島


「飛車角」さん対 卓将 戦は、途中からアクゾー先生が来られて、
観戦されました。
ところが二人とも定跡を無視した乱暴な将棋を指しているのを見て、
「ヘタな将棋だ」と言われてしまいました。

やはり下手同士で勝負していても、悪いくせがついてしまうようです。

しっかり本を読んで、勉強してきます。

マンガ「女流棋士 石橋幸緒物語〜サッちゃんの駒」を読みました。


生まれつき未熟児で障害を持った主人公は、道場で駒の動かし方から習い、
1年半の間、人と対局することを許されずに、定跡を叩き込まれたそうです。

卓将も、きちんと基本から勉強しなおします!



女流将棋棋士・石橋幸緒の半生。

 女流棋士・石橋幸緒女流王位の自伝「生きてこそ光り輝く」をもとにした漫画「さっちゃんの駒」(画・北崎拓)と石橋女流王位自身が選んだ BESTバウト5局の自戦記をまとめた単行本。 生まれつきの難病で、口からものを食べることができなかった女の子(点滴だけで栄養をとっていた。だから、点滴を打つ場所が体にほとんどない)が、病院で将棋を覚え、大人に勝つ喜びから将棋に目覚め、将棋界に入り、女流の頂点に立つまでを描いた感動作。病気と闘う小学生に夢と希望を与える作品です。また、将棋を知らない人にも読みやすい工夫が随所にされています。この本では棋譜は掲載せず、石橋女流王位のそのときの気持ちを中心に語られているので、誰にでも、気軽に読んでもらえるようになっています。

posted by 卓将 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。