2008年05月11日

5/11の戦績

今日はスポーツジムで、バイクマシンを漕ぎながら、テレビでNHKk将棋講座を
見ていました。

そのあと、おもいがけず厳島さんとお会いして、対局してもらいました。

厳島 1−0 卓将

将棋講座で習ったばかりの振り飛車+美濃囲いを行ったのですが、
有段者の厳島さんには、通用しませんでした。
また、よろしくおねがいします。

鈴木大介の振り飛車自由自在 (NHK将棋シリーズ)鈴木大介の振り飛車自由自在 (NHK将棋シリーズ)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 鈴木大介の振り飛車自由自在 (NHK将棋シリーズ)
[著者] 鈴木 大介
[種類] 単行本
[発売日] 2005-02
[出版社] 日本放..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 卓将 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

5/10の戦績

2ヶ月ぶりに、将棋をしました。
やっぱりゲーム機相手より、人間相手の方が面白いですね。
(負ければ悔しいけど)

「飛車角」 1−0 卓将
卓将は向飛車で攻めましたが、駒が1枚足りなくて攻めきれずに、
「飛車角」さんの中飛車に負けてしまいました。

富嶽 1−0 厳島

卓将が体調不良で欠席の間も、みなさん将棋を楽しんで続けられています。
これからも、よろしくお願いします。

konoitte.JPG
posted by 卓将 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

3/18の戦績

厳島 1-0 飛車角

卓将 0-1 飛車角

高山 1-0 飛車角

厳島 0-2 卓将


厳島さんと卓将の2戦目は、厳島さんが角をただで取られるという、
卓将にとって千載一遇のチャンスでした。
しかも角を2枚とも馬に成らせて、大駒3枚で矢倉囲いを攻略できるかに見えました。
が、厳島さんは「と金」を作り、卓将は囲いのまずいところをつかれて、
逆転負けをきしてしました。
厳島さんに初めて勝てるチャンスだったのに...

また、よろしくお願いします。

083.JPG
厳島さんから、自家製のネギをいただきました。
こんど、カモを背負ってきます。
posted by 卓将 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

3/17の戦績

思いがけず厳島さんと道場で会って、対局してもらいました。

厳島 ○-× 卓将

3ヶ月ぶりに将棋をした卓男ですが、四間飛車+美濃囲いで間違わずに組みました。
厳島さんは、富嶽さんや「飛車角」さんといい勝負をしているそうです。
飛車角交換までは、まだよかったのですが、無理して作った馬を
銀打であっけなく取られてしまいました(角銀交換)。

この不利を結局、挽回することができずに、卓将が敗北しました。


体調もよくなってきたので、これからはまた、どんどん将棋をしたいと思います。
よろしくお願いします。
posted by 卓将 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK杯テレビ将棋 決勝生中継 観ました!

第57回・NHK杯テレビ将棋 決勝

佐藤康光 NHK杯 VS 鈴木大介 八段
解説者:森内俊之 名人

NHK公式番組紹介
http://www.nhk.or.jp/goshogi/index.html

第57回・NHK杯テレビ将棋トーナメント表
http://www.nhk.or.jp/goshogi/shogitou/tournament-shogi57.html


毎週日曜日の午前中にNHK教育で放送されるNHK杯テレビ将棋の決勝戦が
3/16(日)に行われました。
今回、番組初の「生中継」ということで、卓男もテレビ観戦しました。

今までも、有名棋士の対局は何度かテレビ観戦したことはあるのですが、
どうしても録画のため、番組終了時間に近いから、ここからの逆転は
難しいだろう...とか、余計なことを考えてしまいました。
(バレーボール中継のように)

しかし今回は生中継、放送時間も10時半から14時までありました。
結局、感想戦、NHK杯全体のダイジェスト、表彰式、来期のトーナメント表の発表が行われました。

千日手や、まさかの持ち時間切れでの負け(時間ギリギリで駒を落としたり...)
なんかのアクシデントも期待(?)されていたようですが、つつがなく
終了しました。
将棋、NHK関係者の初の試みのご苦労が実ってよかったです。


対局は、佐藤NHK杯の先手、居飛車 対 鈴木八段の向飛車で始まりました。
鈴木八段の美濃囲いと佐藤NHK杯の左美濃が、ちょうど対称に近い並びとなって
振り飛車党の卓将は、鈴木八段を応援しました。

角換わり戦から、中盤で先手1六角打の手は、解説なしでは分からない
好手でした。
それから5筋の攻防となり、佐藤NHK杯が優位でしたが、鈴木八段の
無謀とも思える反攻が思いのほか厳しくて、佐藤NHK杯も9筋で玉が
追い詰められそうな展開となりました。
結局、堅実に守り、確実に攻め駒を増やしていった佐藤NHK杯が125手で
2連覇を果たしました。


しばらく将棋を休んでいた卓将も、また将棋を再開したいと思います。
アクゾー先生、厳島さん、「飛車角」さん、よろしくお願いいたします。

NHK将棋講座の「段位認定 次の一手」に応募するのも再開しようかなぁ?



NHK杯決勝戦 棋譜の表示
posted by 卓将 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

11/25の戦績

11/25は、いつもの道場から離れて、7/1以来4ヶ月ぶりに幸パパさんと
対局してもらうことができました。

幸パパ ○-× 卓将(先手)

幸パパは得意の居飛車+矢倉囲い、卓将は四間飛車+美濃囲いで始まりました。

互いに銀交換をして、卓将は銀を打って幸パパの飛車を動けなくすることに成功しました。
(銀は死駒になってしまいましたが)

卓将は馬を作ることに成功し、やや有利になりました。

2八玉で美濃囲いをする卓男に対して、幸パパさんは3六歩と桂馬の頭の歩を
ついてきました。
迷わず同歩と突き返した卓将。

ここぞとばかり、6四角打ちで「王手竜取り」を宣言した幸パパ...

あの、8二にいるのは竜でなく馬で、6四角打ちは「ただ」なんですけど...

年長者の幸パパさんをたてて、「待った」OKしましたが、
アクゾー先生流ではこれで「勝ち」でしょうか?

結局、卓男が「と金」を作って矢倉囲いを崩す前に、竜、馬(←!)、金、銀を使って、卓男の美濃囲いが崩されて負けてしまいました。

11/25.JPG
投了図(2四銀打ちまで)

次回は正月に、幸パパさんと対局よろしくお願い致します。
posted by 卓将 at 06:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

11/22の戦績

更新が遅くなりました。

11/22の戦績は

厳島 2-0 「飛車角」(先手)

厳島 1-0 卓将(先手)

卓将 0-1 「飛車角」(先手)

でした。

11/22は、世間では過去「いい夫婦の日」だそうですが、
青山将棋倶楽部では、「いい歩歩の日」と制定して、
一歩を大事にすると誓います。


先日、アクゾー先生から一勝をあげた、富嶽さんは体調不良でしばらくお休みだそうです。
充分静養してから、また将棋を教えてください。

昨年11月に発足して、1月から総当たり戦が始まった青山将棋倶楽部も
一年を迎えることができました。

ひとえに、倶楽部のメンバーの将棋に対する熱い思いのお陰です。
この場を借りて、御礼申し上げます。

このブログ、「青山将棋倶楽部公式ホームページ」は、本日を持ちまして、
期限を定めずに休止したいと思います。

卓将が多忙のための休載で、申し訳ありません。

将棋倶楽部のイベントなどは、姉妹ブログ「卓男くんのダイエット日記」
http://takuo-diet.seesaa.net/
で発表しますので、そちらもご覧ください。

道場での将棋倶楽部は、今までと変わらずに参加いたしますので、
よろしくお願い致します。

なお、11/24(土)は、卓将お休みの予定です。
次回は11/27(火)に道場に行く予定ですので、よろしくお願い致します。

任天堂 将棋駒 新槙彫任天堂 将棋駒 新槙彫
販売元 : Amazon.co.jp おもちゃ
価格 :
[タイトル] 任天堂 将棋駒 新槙彫
[ブランド] 任天堂

>>Seesaa ショッピングで買う

任天堂 将棋 折盤 桂6号任天堂 将棋 折盤 桂6号
販売元 : Amazon.co.jp おもちゃ
価格 :
[タイトル] 任天堂 将棋 折盤 桂6号
[ブランド] 任天堂

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 卓将 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

11/20の戦績

やっと卓将が道場に戻ってきました。

不在中の戦績は

富嶽 0-2 アクゾー先生

厳島 2-0 「飛車角」

富嶽 1-0 「飛車角」

だったそうです。
訂正、追加がありましたら連絡お願いいたします。


本日の戦績は、

「飛車角」 ×-○ 卓将(先手)

腰掛け銀(5六)銀が四間飛車の棒銀となって、よく働きました。


ペリカン ○-× 卓将(先手)

半年ぶりに駒に触るというペリカンさん。
卓将の努力を見てもらいたかったのですが、終盤はお互いに「詰めろ」の
かけ合いとなり、どちらが勝つか分からなかったのですが、
ペリカンさんが長い詰め将棋を解いて勝ちを収めました。


卓男の毎月の楽しみ、NHK将棋講座のテキストは毎月17日の発売です。
さっそく買って、「次の一手」を考えて投稿してみます!

posted by 卓将 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

11/10の戦績

本日は、青山将棋倶楽部は大盛況でした。

厳島さん、富嶽さん、「飛車角」さんと卓将が集まりました。

厳島 ◯-× 富嶽

厳島 ◯-× 「飛車角」

富嶽 ◯-× 「飛車角」

厳島 2−0 卓将
でした。

厳島さん対卓将の第一局目は、厳島さんの棒銀を卓将が防ぎ損ねて、香損となりました。
角角交換を拒否したものの、結局交換せざるを得なくなって、馬を作られてしまいまって
、終止受け身で負けてしまいました。

第二局目も、厳島さんは棒銀で、卓将の苦手「棒銀」対策を稽古してもらいました。
以前に通用しなかった「向飛車」をあえて使ってみましたが、防ぎきることができなくて、
角銀交換で駒損となり、あっけなく負けました。

やはり棒銀には、矢倉囲いを作るのが最善手のようです。

厳島さんありがとうございました。


11/6の詰め将棋の回答に、記載ミスがありました。

5tume1.JPG

正解は、
▲2三銀打
△3一王
▲4三桂不成
△同金
▲3二金打
です。

厳島さん、ご指摘ありがとうございました。
posted by 卓将 at 22:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

青山将棋倶楽部 最高位決定戦

11月7日に「青山将棋倶楽部 平成19年度最高位決定戦」が行われました。

富嶽 アマ初段 対 アクゾー先生 アマ4段の初顔合わせです。

いつもの道場で夕方から開始されました。

立会人は、厳島さん、「飛車角」さん、卓将です。


第一局目 ▲富嶽(先手) ×-○ △アクゾー先生

初手は、角道を開けあうことから始まりました。
アクゾー先生は向飛車で、富嶽さんの得意とする三間飛車を牽制します。

アクゾー先生が美濃囲い、富嶽さんが矢倉囲いの模様になりました。

この序盤の駒の動かし方の一手一手が大切だと、再認識させられました。
ゲームの将棋や、NHK杯将棋トーナメントを見ていると、ほとんどの場合、定跡通りに囲ってきますが、富嶽さんはあえて我流の将棋を指してきます。
そのとき、なぜ銀を先にあげるのか、角の頭を守るのかという理屈が分かっていないと、たちまち形勢不利になってしまいます。
「序盤の駒の動かし方」が、今の卓将の最重要課題です。

対局は、3三角と7七角のにらみあいから、富嶽さんから角交換を仕掛けました。

アクゾー先生は、すかさず垂れ歩を打って、自分の持ち駒の角の打どころを作ってきます。

そして、富嶽さんは、勝負師として薄気味悪い予感がしていたと思いますが、
アクゾー先生の垂れ歩→△6六角打ち「王手飛車取り」に引っ掛かってしまいました。

これで大勢が決まりました。
角、飛車、飛車を持ったアクゾー先生は、空き王手をかけてから、
アクゾー先生流「光速の寄せ」で11手詰みで初戦白星を上げました。


第二局目 ▲富嶽(先手) ○-× △アクゾー先生

序盤は、角道を開けてからアクゾー先生の向飛車の、
第一局目と似た展開になりました。

そこから、アクゾー先生から飛車角交換を仕掛けて、
先手先手で攻めていきました。

アクゾー先生の桂馬は、跳ねる馬です。

  ●←と金
 桂香

を作ったら、迷わずに桂馬から取ります。

馬、角、桂馬で富嶽さんの王を追い詰めて、あと一歩の段階まで来ました。

しかしそこで「詰めろ」をかけたつもりが、アクゾー先生が
痛恨の読み違いをしました...

飛車を切って詰め将棋になったと思ったのですが、
思わぬ最善手があって、逃げ切られてしまいました。

飛車を持った富嶽さんも、ミスはあったものの、
「よりミスの少ない方が勝つ」というアクゾー先生の教えの通り、
富嶽さんが、見事な逆転勝利をおさめました。

おめでとうございます。


大変息詰まる、熱戦を観戦させていただいてありがとうございました。


今日学んだこと

・終盤は攻守のバランスがとても大事
 自分が詰められるまで、あと何手余裕があるか?
 相手に何枚の駒を渡してしまうのか?
 →長期戦の場合、より集中力を持続させた方が勝つ!

勉強になった観戦でした。
またよろしくお願いいたします。


その他の対局結果

▲アクゾー先生(二枚落ち) 2-0 △「飛車角」

▲アクゾー先生(角落ち) 2-1 △厳島

卓将も今度、二枚落ちでアクゾー先生に対局していただきたいです。
よろしくお願いいたします。
posted by 卓将 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。